webデザイナー

未経験からwebデザイナーはおすすめ

「未経験でもWEBデザイナーになれるの?」

「資格がいるんじゃないの?」

「webデザイナーって、センスのある人しかなれないんじゃない?」

そのようにお悩みの方には声を大にしてオススメしたいのが、WEBデザイナーとして、ホームページ制作会社への転職です。

理由を以下に綴ります。

webデザイナーへ転職するメリット

メリットはたくさんあります。

  • webの需要が今増えている

今やネットで調べれば何でも分かる時代です。会社はホームページを持つのが当たり前。ネットで検索しても出てこない会社は信用されません。

また、近年はコロナウィルスの影響により、ネット販売が急増。ECサイトのデザインができるデザイナーは重宝されます。

  • 転職先で実績をつめば、さらに転職しやすい

webデザイナーとしての実績ができ、HTMLやCSSの知識があれば、次の転職もしやすくなります。転職する事でステップアップすれば、給料アップも狙えます。

  • 独立してフリーランスとして働く道も選べる
会社の給料だけに頼るのではなく、今後はフリーランスとして自由に働くことも、webデザイナーならしやすいです。

人生の選択肢が増えることは、最大のメリットといえます。

未経験からwebデザイナーは可能か

私自身、貯金の窓口からwebデザイナーへ転職しました。仕事を辞めて3ヵ月でホームページ制作会社に転職することが決まりました。

デザインに関する資格はひとつも持っていません。

また、専門学校に通っていた訳でもなく、転職先で仕事をしながらデザインの勉強をしました。

つまり、webデザイナーには未経験でもなれます。

ただ最低限の勉強は必要です。それについては以下に記します。

webデザイナーになるために必要な事【資格はいらない】

webデザイナーになる為に必要な事は、資格ではありません。センスは無いよりあった方がいいでしょうが、それよりも求められるのは、『知識』『丁寧さ』です。

HTML、CSSなどの言語知識、Photoshop、Illustratorなどのソフトを使う知識。そして、細かな所にも手を抜かない仕事の丁寧さです。

これらを使って10ページほどのホームページを作れるようになれば、十分転職できます。

また、転職するために必要なそれらの知識は3ヵ月あれば十分身につきます。

ホームページ制作会社でアマチュアデザイナーからプロのデザイナーへステップアップ

未経験からの転職の場合、いくつもの会社のホームページを扱う制作会社がおすすめです。

そこにはwebデザインの知識豊富な先輩がたくさんいらっしゃるので、その先輩デザイナーから知識を吸収し、プロのデザイナーを目指しましょう。

制作会社ではない会社のweb担当だと、教えてくれる人が限られ、自分の技量が大事になってきます。そこは未経験にはハードルが高くなる場合があるので、まずは制作会社で知識とセンスを磨くことをおすすめします。

webデザイナーは、決してハードルの高い転職先ではありません。むしろ、知識さえ身につければ求人は沢山あり、一つ転職に成功すれば、さらに次の転職が簡単になります。

今、会社を辞めたいけど今と同じ職種にあまりいい会社がない場合、webデザイナーを検討してみてはどうですか?

-webデザイナー